top›新車なら車体価格の1~2割値引きを目標に!

新車なら車体価格の1~2割値引きを目標に!

<広告>

<広告>

車は値引き交渉できる買い物です。 ただし、車種や購入時期によって値引きできる上限がありますのでご注意を。 できることなら本体価格の1〜2割の値引きを目指しましょう。

言わずもがなですが、交渉しなければ下がるものも下がりません。 ただし、ダイレクトに下げてくれ!と言うのはNG。 相手側も身構えてしまいます。

1~2割値引きの値引きを引き出すためには、まず、どっしりと構えることが大事。 仮に、車を絶対に手に入れなくてはならない期限があっても、それを悟られてはいけません。 あくまで時間的に余裕のある素振りを見せることが大事です。 でも、車を購入する意志があることはきちんと伝えておきましょう。これでディーラーの本気度が断然変わってきます。

また、曖昧な態度でいるというのも大切。 「車は欲しいけど、何を購入するかまだ決めてない。」 「この車もいいけど、○○の車も気になっているんですよね〜。」 など、ふわふわしたことを並べながら、車を眺める…そうすると、ディーラーの方から「いい条件の提示が始まる」というワケです。

しかし、相手のペースに飲み込まれないように注意! 主導権はあくまであなた。イニシアチブをとり続けるためにも、この曖昧戦法は効果的なのです。

値下げしたいあまりに、強引な態度で威圧したり、露骨に要求したりするとかえって値引き交渉の妨げになります。 あくまで、礼儀正しく、紳士的に!これも大切ですよ。

また、欲しい車を見つけたらとりあえず見積もりを出してもらいましょう。 買うと決めてなくてもです。 見積もりをもらうだけでも、新車購入の本気度の伝わり方が変わってくるので、やっておいて損はないでしょう。

見積もりを出してもらったからといって、絶対にここで買わなくてはならない!なんてことにはなりませんのでご安心を。 新車は買い方が大事。 あなたの行動次第で、値段が変わってくることをまずは知っておきましょう。

<広告>

車買い方コラム
車の使用目的をはっきりさせる 車の予算をある程度は決めておく 車のジャンルを絞る 候補車のカタログをメーカーから取り寄せる
車種を決める 新車を安く買う 新車なら車体価格の1~2割値引きを目標に! 一部をクレジットカードで払うとポイントが貯まる
大幅値引きが出やすい時期 下取車があれば査定額を調べる 下取りに差が出る車のカラー モデルチェンジの発表されている在庫車は大幅値引きの可能性大!
他社と値引き競合させて大幅値引き! オプションや車庫証明、納車費用などをカットして値引きしてもらおう 納車時にガソリンを満タンにしてもらおう 車のローンの金利を引き下げる
賢い自動車ローンの選び方 新車の馴らし運転 新車の洗車方法 ディーラー以外でも新車は買える
納車時の注意点 インターネットでも車が買える 中古車のメリット 中古車のデメリット
中古車のお店選び 中古車を見に行こう! 中古車のチェックポイント 中古車の修復歴、事故歴
中古車は新車のような値引きは効かない 中古車の納品時に注意すること 新古車のメリット・デメリット 燃費が良くなる車の走り方
ガソリン代の節約方法 自動車保険を安くしよう! 高速料金を安くしよう! 車検代を節約しよう!
車のパーツを安く買おう! 車の故障したタイミングで買い替える 結婚、出産を機に買い替える 個人向けリースで車を買う
残価設定型ローンで車を買う トヨタのトリプルアシスト もしものためのJAF 車の税金
車を廃車にするまでの流れ 車を廃車にする際の注意点 駐車場代からガソリン代‥車の維持費はけっこうかかる 納車費用と車庫証明代行手数料は削れる
外国車を買うなら中古車がお得? 車の維持費はばかにならない ガリバーの中古車ご提案サービス グーネットなら30万台の中古車から選べる
カーセンサーで自分だけの1台を見つける 高く売れる中古車とは? 中古車の売り方 中古車査定を高くする方法

<広告>

<広告>