top›納車費用と車庫証明代行手数料は削れる

納車費用と車庫証明代行手数料は削れる

<広告>

<広告>

車の買い方で納車費用と車庫証明代行手数料は削れるのでしょうか。

削れる諸費用について説明していきます。 車両価格が決まると、諸費用欄の部分を見てみて下さい。 登録諸経費や登録諸費用など、いろいろな名前で書かれているので、確かめて下さい。 いる物いらない物を精査していき、少しでも安くなるように頑張って下さい。

まず、重要なのが、諸費用で「税」と書かれている物は削る事ができません。 国や県や市に払う物なので、車自体の儲けではない事が分かるでしょう。そうすると、絶対に削る事ができないです。しかし、障害者手帳保有の方は、削る事が可能です。 分かりやすく言うと、消費税や重量税や取得税や自動車税などは、絶対に削れないと考えて下さい。

それでは、車庫証明代行手数料についてです。 営業が車庫証明を提出するための手数料です。そのため、自分で取ってくると言えば、手数料を削る事ができます。どれぐらいの費用化と言うと、6000円から10000円ぐらいでしょう。

ただし、車庫証明は、平日に警察署に行きっとらなければいけないので、平日に休みが取れない人は無理です。また、車庫証明を提出しても直ぐに発行してもらえないので、2日から3日は余裕を見ておきましょう。しかし、軽自動車の場合は、朝出したら夕方できる事もあります。

納車費用についてです。 削れる費用でナンバーワンと言っても良いでしょう。例えば、新車を取りに来ると納車費用は削ってもらえます。そのように案内してくれます。 持って行く手間が省け、リスクも削減できて、オーナーとお客にとってメリットになります。

<広告>

車買い方コラム
車の使用目的をはっきりさせる 車の予算をある程度は決めておく 車のジャンルを絞る 候補車のカタログをメーカーから取り寄せる
車種を決める 新車を安く買う 新車なら車体価格の1~2割値引きを目標に! 一部をクレジットカードで払うとポイントが貯まる
大幅値引きが出やすい時期 下取車があれば査定額を調べる 下取りに差が出る車のカラー モデルチェンジの発表されている在庫車は大幅値引きの可能性大!
他社と値引き競合させて大幅値引き! オプションや車庫証明、納車費用などをカットして値引きしてもらおう 納車時にガソリンを満タンにしてもらおう 車のローンの金利を引き下げる
賢い自動車ローンの選び方 新車の馴らし運転 新車の洗車方法 ディーラー以外でも新車は買える
納車時の注意点 インターネットでも車が買える 中古車のメリット 中古車のデメリット
中古車のお店選び 中古車を見に行こう! 中古車のチェックポイント 中古車の修復歴、事故歴
中古車は新車のような値引きは効かない 中古車の納品時に注意すること 新古車のメリット・デメリット 燃費が良くなる車の走り方
ガソリン代の節約方法 自動車保険を安くしよう! 高速料金を安くしよう! 車検代を節約しよう!
車のパーツを安く買おう! 車の故障したタイミングで買い替える 結婚、出産を機に買い替える 個人向けリースで車を買う
残価設定型ローンで車を買う トヨタのトリプルアシスト もしものためのJAF 車の税金
車を廃車にするまでの流れ 車を廃車にする際の注意点 駐車場代からガソリン代‥車の維持費はけっこうかかる 納車費用と車庫証明代行手数料は削れる
外国車を買うなら中古車がお得? 車の維持費はばかにならない ガリバーの中古車ご提案サービス グーネットなら30万台の中古車から選べる
カーセンサーで自分だけの1台を見つける 高く売れる中古車とは? 中古車の売り方 中古車査定を高くする方法

<広告>

<広告>