top›賢い自動車ローンの選び方

賢い自動車ローンの選び方

<広告>

<広告>

自動車ローンの種類はたくさんあります。 また、運営している会社によって、金利やシステムもさまざま。 損をしないためにはどのようなところに気をつけて、ローン会社を選べばよいのでしょうか?

一番、王道なのは「ディーラーローン」ですね。 ディーラーが提携している会社から融資を受けてローンを組むタイプのものです。 また、審査が通りやすいのも特徴。

ブラックリストに載っている、無職…などの問題がなければ、だいたい通ります。 金利交渉の余地があるというのもメリットでしょうね。

ただし、ディーラーローンのローン契約はクレジット契約なので、ローンを全て払い終えないと自分のものにはなりません。 つまり、ローン完済まで売却することができないということですね。

次に銀行などが行なっている自動車ローン。 給与振込や公共料金の引き落としなどに使用している口座があれば、金利を優遇してくれるサービスがあるところも! ディーラーローンより金利は低めですが、そのぶん審査は厳しいといえます。 また、ローンを完済していなくても、車の所有権は使用者です。

あと、地元の信用金庫で自動車ローンを組むという手もありますね。 自動車ローンと一緒に住宅ローンを組んでいたら金利が優遇されることもあるそうです。 しかし、銀行と同じく、審査は厳しいのでご注意を!

まとめると。 ディーラーローンは金利が高めだが交渉の余地があり、審査が甘い。 銀行は金利は低いが審査が厳しい。 信用金庫も銀行と同じく、金利は低いは審査が厳しい。

どの自動車ローンを選ぶかはその人の自由です。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、まずは何を優先させるかを考えましょう。

自動車ローンの選択も、車の賢い買い方の一部です。 後で後悔しないためにも、各ローン会社の金利リサーチは徹底的に行ないましょうね。

<広告>

車買い方コラム
車の使用目的をはっきりさせる 車の予算をある程度は決めておく 車のジャンルを絞る 候補車のカタログをメーカーから取り寄せる
車種を決める 新車を安く買う 新車なら車体価格の1~2割値引きを目標に! 一部をクレジットカードで払うとポイントが貯まる
大幅値引きが出やすい時期 下取車があれば査定額を調べる 下取りに差が出る車のカラー モデルチェンジの発表されている在庫車は大幅値引きの可能性大!
他社と値引き競合させて大幅値引き! オプションや車庫証明、納車費用などをカットして値引きしてもらおう 納車時にガソリンを満タンにしてもらおう 車のローンの金利を引き下げる
賢い自動車ローンの選び方 新車の馴らし運転 新車の洗車方法 ディーラー以外でも新車は買える
納車時の注意点 インターネットでも車が買える 中古車のメリット 中古車のデメリット
中古車のお店選び 中古車を見に行こう! 中古車のチェックポイント 中古車の修復歴、事故歴
中古車は新車のような値引きは効かない 中古車の納品時に注意すること 新古車のメリット・デメリット 燃費が良くなる車の走り方
ガソリン代の節約方法 自動車保険を安くしよう! 高速料金を安くしよう! 車検代を節約しよう!
車のパーツを安く買おう! 車の故障したタイミングで買い替える 結婚、出産を機に買い替える 個人向けリースで車を買う
残価設定型ローンで車を買う トヨタのトリプルアシスト もしものためのJAF 車の税金
車を廃車にするまでの流れ 車を廃車にする際の注意点 駐車場代からガソリン代‥車の維持費はけっこうかかる 納車費用と車庫証明代行手数料は削れる
外国車を買うなら中古車がお得? 車の維持費はばかにならない ガリバーの中古車ご提案サービス グーネットなら30万台の中古車から選べる
カーセンサーで自分だけの1台を見つける 高く売れる中古車とは? 中古車の売り方 中古車査定を高くする方法

<広告>

<広告>